データ原稿の作り方


データ原稿作成全般

やじるしアイコン11 仕上がりサイズ
やじるしアイコン11 塗り足しについて
やじるしアイコン11 トンボについて
やじるしアイコン11 ファイル名ついて
やじるしアイコン11 出力見本について
やじるしアイコン11 Psデータ作成
やじるしアイコン11 Aiデータ作成
やじるしアイコン11 Officeデータ作成

表紙データ作成について

やじるしアイコン11 表紙原稿サイズ やじるしアイコン11 背幅について

本文データ作成について

やじるしアイコン11 本文原稿サイズ
やじるしアイコン11 無線綴じのレイアウトについて
やじるしアイコン11 見開きページについて
やじるしアイコン11 ノンブルについて

オプションデータ作成について

やじるしアイコン11 表2-3印刷 やじるしアイコン11 箔押し加工
やじるしアイコン11 カバー・帯

その他

やじるしアイコン11 データと印刷物の色の違い



仕上がりサイズについて


▼各規格の仕上がりサイズ(本になった時のサイズ)

【A5サイズ】
210mm(縦)×148mm(横)

【B5サイズ】
257mm(縦)×182mm(横)

【A4サイズ】
297mm(縦)×210mm(横)


●ポスターデータのサイズについて

 大判インクジェットプリンターを使用します。
 引き伸ばして印刷するため、小さいデータで作成してください。

例1)A1ポスターであればA4サイズ(A5でも構いません)

例2)B1ポスターであればB5サイズ

※ポスターデータに限り、天地左右の塗足し・トンボなどは必要ありません。


▲PAGE TOP



表紙原稿サイズ


【A5サイズ】
216mm(縦)×296mm+背幅(横)

【B5サイズ】
263mm(縦)×370mm+背幅(横)

【A4サイズ】
303mm(縦)×216mm+背幅(横)

※天地左右塗足し込みサイズです。
※無線綴じの場合、背表紙(背幅)を入れて作成してください。
※中綴じ(折り綴じ本など)は背幅はありません。
※サイズを確認の上、トンボは必ずつけてください。

やじるしアイコン11 原稿テンプレートはこちら

表紙サイズ

表紙背幅は作成する本のページ数によって変わります。
下記の背幅表を参考にして背幅サイズを出してください。
ご不明な場合は、アドバイザーまでご連絡ください。


▲PAGE TOP



背幅について


無線綴じの表紙原稿は、下記の背幅目安表を参考に、作成してください。
記載がない本文用紙・ページ数の背幅は、「Contact」からお問合せください。

やじるしアイコン11 背幅一覧表

※数値はあくまで目安です。表紙・本文の紙質、製本時の糊の量等により、
 実際の背幅は多少前後することがございます。


【背幅計算式】

下記の式で求めた数値を背幅目安としています。

本文ページ数×紙厚÷2

計算例)表紙込み28P/本文上質110kg(紙厚:0.16mm)
24×0.16÷2=1.92

背幅:約2mm

●表1、背、表4とで絵柄を分けてデザインされる場合は、製本時に表1や表4側に多少ズレることがございます。

●確実に背文字を入れたい場合は、背幅から-1mm(左右で0.5mmずつ)以内に文字を入れてください。

●可能な限り意図した位置に背文字が定まるよう、加工をしておりますが、多少のズレはご了承ください。

●背の厚みが少ない(2~3㎜)本につきましては、ズレが目立つ恐れがございます。

●表紙カバー・帯の背幅を作成する場合は、上記背幅表からさらに+1mm追加してください。


▲PAGE TOP



本文原稿サイズ


【A5サイズ】
216mm(縦)×154mm(横)

【B5サイズ】
263mm(縦)×370mm(横)

【A4サイズ】
303mm(縦)×216mm(横)

※天地左右塗足し込みサイズです。
※サイズを確認の上、トンボは必ずつけてください。

やじるしアイコン11 原稿テンプレートはこちら

サイズ

※無線綴じの場合、本文の巻頭と巻末ページにおいて、
 綴じ側の仕上げ線から糊代(+3mm)の余白を取ってください。


▲PAGE TOP



無線綴じのレイアウトについて


見開き中心部に文字や絵柄があると見づらくなります。
レイアウトされる際には、本文中各ページの綴じ側の仕上げ線から
「7~10mm」の間には大事な文字や人物の顔が入らないように注意してください。

また、見せたい絵や文字、タチキリにしないコマは、内枠に収まるように描いてください。
これにより、構図が綺麗に見える作品が出来上がり、読みやすい本になります。


▲PAGE TOP



見開きページについて


【無線綴じの場合】
見開き中心部は糊の付き具合や本の厚み等によって、
どうしても元の一枚絵のようにぴったりと合わせることは困難ですが、
2枚の絵がつながる部分が、それぞれの仕上がり位置でつながるように作成していただくか、
表紙用テンプレートを利用して、2ページ繋がったまま(一枚絵の状態で)ご入稿ください。

【中綴じの場合】
無線綴じと同様に作成ください。


▲PAGE TOP



トンボについて


トンボは全てのデータに必ずつけてください。
トンボの形状は下図左を参照ください。

トンボ

上図右のような「L(エル)字型トンボ」は、印刷に入るため絶対に入れないでください。
また、仕上げ位置に合わせて線を引くのも厳禁です。


▲PAGE TOP



ノンブルについて


本文データには必ずノンブル(ページ番号)を入れるようにしてください。
データ名とノンブルが一致しているとベターです。
ノンブルがない場合、乱丁が起きてもこちらでは責任は負えません。
ページ数の多い・少ないに関わらず、必ずノンブルを入れてください。

※本文中に色インクを使う場合、2色印刷があるなど、ノンブルは必須です。
 また、別途「台割表」のご入稿も必要になります。

※ノンブルが印刷に出てほしくない場合、綴じ側の塗り足し内に入れてください。
 
※小口側の塗り足しにノンブルを入れてしまうと、
 断裁後にノンブルが不自然に入ってしまうことがありますのでご注意ください。 

※ノンブルの開始番号は1~でも3~でも構いません。
 口絵が巻頭に入る場合は、口絵も含めたページ数でも問題ありません。


▲PAGE TOP



塗足しについて


画像は塗り足し(断ち切り分)部分まで描いて下さい。
また、切れてしまうと特に困るものは5mm程仕上げ内側に描いてください。

塗り足しは製本工程の最後に断裁(切捨て)をする際、絶対に必要なものです。
断裁は機械で行うため、切る位置にどうしても微妙なズレが生じます。

▼よくある原稿不備

●塗り足し不足のため、紙の地色で余白が出た。

●仕上がり位置を境に色を変えたり仕上がり位置に線を引いたために、不自然に他の色が見えてしまう。

●大事な文字や人物の顔を塗り足し部分に描いてしまい、切れてしまった。

●仕上がり位置ギリギリに大事な文字や人物の顔を描いたため、切れてしまった。

出来上がった原稿は隅々までチェックをお願いいたします。


▲PAGE TOP



データファイル名について


データファイル名を見て内容がわかる名前を付けてください。
半角英数文字のファイル名を推奨します。(漢字・カナ・ひらがなは文字化けします)
下記の例をご覧いただき、ご参考になさってください。

●表紙データのファイル名
hyoushi.psd
hyoushi1_4.psd
hyoushi2_3.psd 等

※圧縮フォルダ名も同じで構いません。


●本文データのファイル名

本文データはページ番号がわかるように1ページずつ作成し、
ノンブルと同じナンバリングをつけてください。

001.psd、002.psd・・・

honbun001.psd、honbun002.psd・・・

※本文のナンバリングは1~でも3~でも構いません。
※複数に分けて入稿する場合は、フォルダ順がわかるようにしてください。
 中身のデータ名も順番がそろっているようにしてください。


●特殊装丁のファイル名

例)カバー
cover.psd

例)口絵
kutie01.psd

※何のデータなのか、何ページなのかがわかるようにお願いします。
※圧縮フォルダ名も同じで構いません。


●再入稿のデータ名

例)表紙再入稿データ
hyoushi_sashikae.psd

例)本文再入稿データ
honbun005_sashikae.psd 等

※差替えミスを防ぐため、最初の入稿データ名+sashikaeとしてください。
※圧縮フォルダ名も同じで構いません。


▲PAGE TOP



「表2-3(表紙裏)印刷」について


・モノクロまたは特色1色印刷の場合、データ上も必ず1色(K推奨)でお作りください。
 文字などを入れる場合は、グレースケール600dpi推奨です。

・フルカラー印刷の場合はフルカラー350dpiで問題ありません。

・表紙用テンプレートをご利用ください。
 背幅+左右3mmづつは糊代となりますので、消えてほしくないデザインは入れないようご注意ください。
(入れても糊付けする為見えなくなります。ご了承ください。)


▲PAGE TOP



「箔押し」データの作成について


※表紙データのレイヤーで作成する場合

【データの仕様】 フルカラー350dpi
【作成色】 黒色(K:100%) もしくは(C:0% ・ M:0% ・ Y:0 % ・ K:100%)

①表紙の上に、新規レイヤーを作成。名前を「箔押しレイヤー」に変更する。

haku_mihon00
※箔種類ごとにレイヤーを分けてください。(「箔押し 金」、「箔押し 銀」など)
 もし、重なる部分がある場合は、箔押しの上下がわかるように名前を付けていただき、発注の際にアドバイザーに伝えていただくか、発注備考に記載をお願いいたします。


②箔押しレイヤーに、くっきりした黒ベタでデザインを作成する。

●黒ベタ…K100% 推奨または 黒色CMY 0%K100% 推奨

haku_data06

※2値化にすると、完全なドット表現になるため、アウトラインが多少ガタつきます。
アウトラインがくっきりしていれば、2値化にしなくても問題ありません。

▼これくらいくっきりしていればOK!
haku_mihon01

※Photoshop の場合、フォントやデザインをラスタライズ後に拡縮するのは避けてください。
画像がぼけます。
※Illustrator の場合、最後にフォント等を、必ずアウトライン化してください。


③箔押しレイヤーが独立した状態で入稿する。

※イラストレイヤーの上に箔押しレイヤーがある状態で入稿してください。
※箔押しレイヤーは1種につき1枚でお願いします。(2種ある場合は2枚です)
※箔押しをした後の表紙イメージなどあれば、出力見本としてjpeg画像を表紙データと一緒にご入稿ください。

▼箔押データを表紙と別に作成する場合は四隅にトンボが必要。
haku_data03
※別データの場合、トンボがないと表紙のどこに箔押しをすればいいかわからず、位置あわせができませんのでご注意ください。


綺麗な箔押しにするポイント


Point 1 アウトラインはくっきりと

haku_data04
○グラデーションやぼかしがあるデータは再現できません。
 必ず、くっきりとした黒色でデータを作成してください。


Point 2 細かいデザインに注意する

haku_data05
○1mm 以下の点や線、隙間はなるべく避けたデザインがベターです。
 細かすぎると箔が抜けません。

○表紙やカバーの背表紙にかかるデザインは剥落や傷が入りやすいためお勧めできません。


データや仕上がりが心配な場合は、事前にご相談の上、データをお送りいただければアドバイスさせていただきます。


▲PAGE TOP



「カバー・帯」の作成について


※サイズでご不安なことがありましたら、アドバイザーにお気軽にお問合せください。
カバー

カバー・帯データを作成する場合は以下の点にご注意ください。

・表紙カバー・帯の背幅については、背幅目安表よ+1mm余分に作成してください。
例)表紙背幅が10mmとした場合、カバー背幅は11mmとなります。

・折返し幅については、原則、作成するサイズの横幅に対して60%が目安となります。

【B5用カバー折り返し幅】
110㎜

【A5用カバー折り返し幅】
90㎜

・折り返し用の塗足しを、左右の折り返し側にプラス3mm付けてください。
 表紙、裏表紙の絵柄が3mmはみ出す形の方が、カバー巻き後も綺麗に仕上がります。

・カバー・帯ともに仕上がりサイズに天地左右プラス3mmづつ塗り足しを付けてください。

・カバーデータは背幅により横幅が大きく変化しますので、原稿テンプレートのご用意はありません。
 他社テンプレートをご利用いただいて構いません。


▲PAGE TOP



データと印刷物の色の違い


●色域による違い

モニタはCMYKより色域の広いRGBによって表現されています。
よってCMYKモードのデータでも印刷の色とは領域が違うので、
仕上がりの色合いが変わってしまう可能性があることをご了承ください。

●モニタによる色の違い
同じデータでもモニタの色はメーカーや機種、使用しているパソコンの種類、
キャリブレーションなどによって見え方が違います。
印刷物に合わせたキャリブレーションやカラーマッチングをしていない場合、
実際のCMYKの数値と は大きく違った色味で見えることがあり、
お客様のモニタの色にあわせて補正するということはいたしかねますので、
入稿前にデータを調整いただく必要があります。

▼色のくすみを抑えるデータ作成方法

やじるしアイコン11 シアン抜きについて

▲PAGE TOP



カラーデータ出力見本について


ご入稿頂いたカラー原稿は、基本的に補正せずにそのまま印刷させて頂きます。
出力見本は、お客様のデータ内容の確認用として必要ですので、入稿時にお送りください。

★特に必要な場合:箔押し加工後のイメージ図、2色・3色印刷完成イメージなど

ネット入稿の場合は、JPG画像にして頂き、ファイル名は「mihon.jpg」してください。
宅配の場合は、プリンタ出力(カラー・モノクロどちらでも可。サイズは出来る限り原寸でお願いします)
必ず、出力見本は最終のものをお出しください。


▲PAGE TOP



Psデータ作成時のご注意


●PSD、TIFFのいずれかの形式でご入稿下さい。

●画像解像度はカラーページは350dpi、モノクロ
ページは600dpiにして下さい。
(72dpiでは印刷用のデータとして使用出来ません。)

新規台紙作成時に解像度をカラーページは
「350 pixels / inch 」に、モノクロページは「600pixels/inch」に設定してください。

「イメージ→画像解像度」を開くと、解像度を確認できます。

●(参考)解像度による画像の違い

画像2 画像3
350dpi(左/上)/72dpi(右/下)

●カラーデータの画像モードはCMYK、RGBどちらでも結構です。
ただし、RGB入稿の場合はCMYKに変換し印刷致します。
RGB時のイメージと大きく異なる可能性がございますので、
CMYKでのご入稿を推奨します。

●1色データの画像モードはグレースケールを推奨します。
(モノクロ2階調はモアレが発生しやすいので画像作成前に十分に注意してください。)

●レイヤーを使用しての編集は最後に必ず”レイヤーの統合”を行って下さい。

●Photoshop-CS以上のバージョンを推奨しております。


▲PAGE TOP



Aiデータ作成のご注意


●Ai、Illustrator EPSのいずれかのデータ形式でご入稿ください。

●カラーデータの画像モードはCMYK、RGBどちらでも結構ですが、
 RGB入稿の場合はCMYKに変換し印刷するためイメージと大きく異なる可能性がございますので、
 CMYKでのご入稿を推奨します。

●線を作成する際、0.3pt以上の太さで作成してください。
 0.3pt以下の線を使用した場合の再現は非常に困難です。
 線が印刷されなかったり線が切れる可能性があります。

●フォントは全てアウトライン化して下さい。アウトライン化した後に、
 「ウインドウ→書類情報→フォント」で文字情報が残っていないか確認してください。

●画像データを配置する場合は以下の注意点を必ずお守り下さい。

・Illustratorデータと同じフォルダに、使用している全ての画像データを入れて入稿してください。
・配置する画像はレイヤーを統合しておいて下さい。
・拡大縮小は配置前に画像データで行い、必ず原寸(100%)で配置するようにしてください。
・Illustratorの保存形式は「Illustrator形式(拡張子.ai)」にしてください。
・配置後や保存後に、配置させた画像ファイル名の変更は絶対にしないでください。

●レイヤーを使用しての編集は最後に必ず”レイヤーの統合”を行ってください。

●Illustrator-CS以上のバージョンを推奨しております。


▲PAGE TOP



Office データ入稿について


Windows環境でword、excel等を使用してデータを作成される場合は、PDF形式にてご入稿ください。

入稿の際は、以下の点にご注意願います。

●フォントについては、なるべくMS明朝などの搭載フォントを使用してください。

●PDF変換の際にはフォントを埋め込み、保存後必ずPDFデータをご確認ください。
(環境によっては、PDFに書き出せないフォントを使用している場合も
 エラーメッセージが表示されない場合が御座います。)

※入稿されたPDFデータについては、書き出し時にフォントが置き換わっていた等の事故があっても、
 こちらでは判断ができません。

基本的にはご入稿いただいたデータ(完全データ)で作業を進めさせていただきますので、
入稿前のチェックを心がけていただくよう、お願いいたします。


▲PAGE TOP



ご不明な点は「Contact」よりお気軽にお問合せください。



© 2017 antholo senka All rights reserved


広告